FC2ブログ






●2019年12月14日(土)

こんばんは。 チャートハンターmisatoです。

昨日の13日の金曜日は・・・
イエス・キリストが磔刑につけられたのが13日の金曜日とされ、イギリスなど英語圏では不吉の日とされています。

その通りに、ポンドは英総選挙で保守党が圧勝し、イギリス国民はEU離脱一直線を選び、ポンド円は5円窓開けで始まりました。

売り方でトレードの私は即死状態でした。
今は、幽霊として生きています(汗)。


今年も、トランプ大統領のアメリカ第一主義とジョンソン英首相のEU離脱イベントで終わりました。

さて、ポンドは、取引量の大きい主軸通貨のユーロドルやドル円と違って、取引量も小さいのですが、値動きが大きいので、ファンド勢の中では投機通貨として取り扱っています。

投機性なので、行きつく目途がわからないのですが、日足チャートを見ると、着地点がわかる感じがしました。



私は、テクニカルの基本である移動平均線の短期(15~20)、中期(30~40)、長期(75~100)を使っています。

短期MAが中期より下にある時は売りトレンド、上にある時は買いトレンドで、トレンド転換は短期と中期が交差した時ですね。

特に、ポンド円はトレンド転換の分かりやす通貨です。
日足では、今年の3月4月の前回高値までポンド円は戻しました。
回帰性ですね。


現時点ではまだ買いトレンドで前回の高値を上抜けると、次の高値を目指して行く事になりそうです。

下記のポンド円日足チャートは、ローソク足で示すとわかりにくので、ラインチャートで示しています。チャートの見方の参考にしてください。

20191214ポンド円日足
関連記事
[ 2019/12/14 22:59 ] GBPJPY | TB(0) | CM(1)

二度目の訪問です!
[ 2019/12/14 22:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuhime0722.blog136.fc2.com/tb.php/1550-fd6851db